ALTAI XP アルタイXP(エクスペディション) - グリーン

Blue Label 158,000 製品コード #12770128

LOADING IMAGES

YURT(遊牧民が使用する移動式の住居)に触発されて設計されたアルタイは、あらゆる季節に対応する大型で軽量なグループテントを必要とするユーザーにとって、非常に多目的に使える良い選択肢です。その中央部分と側壁を支える構造は、中央では人が完全に立ち上がれる高さがあり、サイドウォールの傍では座った状態の高さになっています。アルタイは専用のポールで設営することもできますが、中央部をスキー板またはパドル(または同様の大きさのもの)で支え、側面をトレッキング・ポールで支えて設営することも可能です。また、ポールポイントで中央部とサイドウォールを支えることもできます。室内では6人程度が寝ることができますし、12人が輪を描くように座ることができます。快適性を高めるために、アルタイ・ベーシックは取り外し可能なフロア(2つのパーツに分かれていて、中央に「通路」を作ることが可能です。また、フロアの半分のみをカバーしたり、全面または「通路」の両側をカバーすることもできます)と組み合わせたり、オプションのフロアレスのインナーテントと合わせたり、または両方一緒に使用することも可能です。暖かい季節には、入口のわきにある2つのサイドパネルを部分的に巻き上げて、換気することもできます。ガイド、アウトフィッター、捜索救助チームなどのために、アルタイは応急処置、食事、ブリーフィング、または授業のための優れたシェルターとして使ったり、広い寝室として使ったりすることができます。自転車やカヌーで旅をするユーザーたちにとっては、ギアを整理したり修理したりするのに十分なスペースがあります。雪を掘れば足を入れるスペースや寝台を作ることもでき、スノーフラップが壁をしっかりと地面に固定するので、スキーで旅をするユーザーにもアルタイはおすすめの選択肢です。同時に、アルタイのシンプルさや広さと比べたときの軽さを考えれば、ボーイスカウトやグループにとって(さらにカップルにとっても)最適な選択肢です。あらゆる季節のあらゆる旅で、アルタイの便利さ、快適さ、広さに気づくことでしょう。アルタイには2種類のバージョンが用意されています:より軽量なアルタイ UL ベーシックはKerlon 1200(オールシーズンのレッドレーベルのテントで使われている軽量ファブリック)で作られており、軽量パッケージが必要な方に最適です。一方、アルタイXPベーシックは、非常に堅牢で重厚なファブリックであるKerlon 2000を使用しており、より厳しい条件での使用に適しています。どちらも同じラージサイズのジッパーと頑丈な継手を使用しており、サイドポールとセンターポイント用の延長可能なタープポールが付いています。「アルタイ」は、ロシア、中国、モンゴル、カザフスタンが出会う中央アジアの山脈からその名を取っていますが、そこは何世紀も前にyurt(遊牧民が使用する移動式の住居)のデザインが始まった地域です。

購入する

ALTAI XP IN ACTION アルタイXP(エクスペディション)はこんな使われ方しています。

Size & Spec サイズ&スペック


  • サイズ : ●収納サイズ/58×φ25cm
  • スペック : ●付属品/アルミセンターポール( φ19.5mm)186~214cm( 調節可能)×1本、アルミサイドポール( φ13mm)135cm×8本、ペグ( Yペグ)×16 本、スタッフバッグ、ポールバッグ、ペグバッグ、スペアポールセクション、リペアスリーブ
  • 重量 : ●最小重量(総重量)/3.1kg(5kg)
  • 収容人数 : グループテント

「全てのヒルバーグ製品の寸法、重量、ポールの長さを含むテントのスペックは製品の個体差や製造ロットで多少異なります。このような差異はデザインと製造プロセスの変化、及び材料の自然な変化のために発生します。」

アルタイXP(エクスペディション)

Accessories アルタイXP(エクスペディション)用のアクセサリー